看護師で「ブランクが怖い」のは当たり前!その不安を克服するために必要な3つのコツ

「看護師としてまた働きたいけど、医療の現場についていける気がしない」

「若いナースと一緒に働くのは気が引ける」

「ミスばっかりして迷惑をかけそう」

このような不安を抱えているブランクがある看護師さんたち。

不安は大きいけれどまた看護師として働けるなら働いてみたい!

そんなわずかな希望を胸に、このページを見に来てくれたのではないでしょうか?

ここでは少しでもあなたがブランクを克服して看護師として仕事を復帰するために必要な勇気とコツをお伝えできればと思っています。ぜひ、ブランクがあって悩んでいる方は参考にしてみてください。

看護師でブランクがあると怖いのは当たり前

これはもう当然のことですが、一度現場から離れてしまうと看護師は知識や技術が薄れていき、再就職をする時には以前のように働くことができず大きな不安を抱えてしまいます。

しかしブランクを抱えている看護師にとって、このように感じるのは当たり前のこと。

かくいう私も子供が3人いますが、出産の度に1年ほど育休を取得し、3回の職場復帰を果たしてきました。

このわずか1年という間でも、現場は大きく変わり、更に職場やスタッフの異動もあり、また一から人間関係を築き、自分の知識や技術を学び直すということに対し大きな不安を抱いていたのを覚えています。

同じ病院に復帰する私でも大きな不安を感じ、「もう仕事に戻れないかも・・・」と挫折しそうになったことがたくさんあります。

ですので私以上にブランクが長い方や、新しい職場へ挑戦しようとしている方は尚更不安が大きすぎてどうしていいのか分からないという方も多いことでしょう。しかしそれでも復帰を果たせた看護師さんはどのようにして、勇気を出して決断をしているのでしょうか?

漠然とした不安と具体的な不安

あなたは今、復帰に向けて大きな不安を抱えていますよね?でもそれはいったいどのような不安でしょうか?

実はこの不安を噛み砕いて認識し、その不安の解決を一つ一つしていくことで復帰への自信に繋げることができるのです。

とにかく何もできそうにないし、何から始めていいのか分からないというような漠然とした不安を抱えている方の場合は、まずはその不安がなぜ生じているのか、自分は何について不安を感じているのかをしっかり自分を見直すことが重要です。

漠然とした不安を抱えているだけでは、その不安を取り除く解決策や対策も分からず、全く前に進めないままになってしまいます。

実際にブランクを克服し仕事復帰を果たしている看護師は、このような漠然とした不安から自己をしっかり見つめ直し、自分に足りないものや、どうすれば復帰にのための自信をつけることができるのかという自分をアセスメントすることをしているのです。

よくわからないという方も多いと思うので、少しずつ説明していきましょう

ブランクある看護師不安を感じる理由

ではその具体的な不安について、ブランクを抱えている看護師が悩みやすい理由を挙げていきたいと思います。

技術の不安

ブランクがあることで最も大きな障害は、この技術に対する不安だと言えます。

今まで看護の現場から離れていた分、知識も薄れ、現役の時のような採血や吸引注射などの技術はできなくなっていますよね?これから技術を習得するにあたっても、ミスをしてしまうのではないかとか、ブランクがあるのにできない自分が悔しいなどとプライドが傷つくことを恐れて不安を感じてしまう方も少なくありません。

知識の不安

医療や看護は日々進歩をしており、常に最新の知識を学習し続ける必要があります。特に看護師は永久に勉強学習し続けなければいけない職業と言われていますよね?

それなのに自分は何年もブランクで、それを怠ってしまった・・・

そのツケは大きすぎてどのように最新の知識を身につけ、習得すればいいのか分からないという方も多いと思います。

この知識を習得するために、まずは本を参考書などを買うという方もいると思いますが、それだけで満足をして知識が身についたと思ってしまうのはとても危険な考えです。

その理由はコチラ↓

潜在看護師がブランク克服のためにがやりがちのNGな勉強法とおすすめの本3選

6月 13, 2019

このように本からの知識だけではなく、実際に臨床に出て今の医学や看護がどのように変わっているのかを実際に体験して学んでいくことも重要なのです。

子育て・家事との両立

子育てのために看護の現場を離れてたという方にとっては、今後子育てや家庭と仕事との両立が大きな課題になってきます。

しかし、今まで経験したことがない仕事との両立に対して不安は大きいですよね?

確かに今まで家庭で主婦業などを行っていた方が仕事を始めるというのは、かなりハードルが高いです。復帰後は想像以上の大変さで、負担を感じる事になるでしょう。実際に私がそうでした。しかし、時間の使い方や働き方などを上手に工夫することで両立のし易さはぐっと変わってくるのです。

私は3人の子供を育てながら、現在正社員で日勤のみの週5日の勤務をしています。バタバタで大変ではありますが、やりがいのあり有意義な日々を過ごさせてもらっています。

さらに職場や上司にも恵まれ、子供の行事や体調不良でも休みやすく子育て中のママも多く働いている職場です。

このように子育てをしながら仕事を復帰を考えている方の場合には、看護師としてのスキルを向上するほかに、ママとしての働きやすい職場選びや時間管理や家事の時短など様々な工夫が重要になってきます。

ブランク看護師が復帰前にするべき準備とは

では、上記のような不安を克服するためにどのようなことが対策としてできるのか、また必要な準備を解説していきます。

技術や知識を習得する

まずはブランクがある故の大きな悩みである知識や技術への不安です。

これについては実際に現場を経験したり、現場と同じ物品を使って採血や吸引注射などの練習を実技の練習をすることで、少しずつ自信が身につくようになります。

このようなスキルを習得をする機会は、あなたの地域にもある看護協会やナースセンターなどの機関で潜在看護師に向けて無料で開催している研修や講習があります。

ぜひそういった研修などに積極的に参加し、自分のスキルアップを図るようにしていきましょう。

このサイトでも都道府県別にナースセンターが行なっている研修を紹介しています。

【潜在看護師】都道府県別ナースセンターと2019年復職研修・内容・日程まとめ

家事分担など、家庭内での負担を軽減する工夫を話し合っておく

ブランクがあるとどうしても看護師としてのスキルやなどに目が向きがちですが、働き始めるということは今の家庭への負担が増加し、家庭環境が多きく変わってしまうということを理解しておきましょう。

今まで子育てをしてきた方にとっては、ずっと子供の側で成長を見守ってきたと思いますが、今後は仕事と育児を両立し、うまくバランスを取っていかなければいけません。

家庭も仕事も全て全力でと思うと必ず自分が潰れてしまいます。

旦那さんや両親の他にも地域で使えるファミリーサポートや病児保育など便利なサービスを徹底的に活用し、自分が負担を抱え込まないようにする工夫を、仕事を始める前から考えておくことが重要です。

職場を考えておく

まだまだ自分の知識や技術に自信がなく、働く職場なんて決められないという方も多いと思いますが、この職場選びは自分のスキルアップと一緒にすすめていくことが重要です。

その理由は希望通りの求人が見つかるとは限らないから。

求人情報は日々変化をしているため、あなたが復職しようと思った時に理想の求人が見つかるとは限らないのです。ですので、知識や技術の習得と一緒にナースセンターの求人紹介や求人サービスなどを利用し、ある程度働きたい職場を検討しておくことがスムーズに復帰を果たすためにコツといえます。

ブランクがある看護師にオススメの職場って

ブランクを克服するための方法やコツについてお伝えしてきましたが、これらの他に同じくらい重要なのが職場選びです。

自分の知識やスキルは自信がついて、家庭でも仕事と育児家事育児との両立のために話し合いを設けられたとしても、いざ仕事が始めてみたら人間関係のトラブルやパワハラなどで自分に合わなかったという結果になってしまうことも・・・

つまり研修などを通じて自分のスキルアップを図り、不安を軽減するのと同時に、次にどこで働くのかという職場を慎重に慎重に検討していくことが重要になってくるのです。

では、ブランクがあっても働きやすい職場とはどのようなものかについてもお伝えしたいとお伝えします。

研修制度が整っている職場

ブランクがあってもまた新人看護師と同じように基礎から学ぶことができるカリキュラムが整っている病院も多くあります。

また看護協会やナースセンターなどと連携をし、研修の一環で臨地実習をさせてもらった病院が、そのまま正社員として採用してくれることもあるのです。

このような病院の場合、あなたがブランクがあるということもしっかり理解してくれた上に、研修制度やサポートが充実しているため、わからないことも質問しやすく、確実に知識や技術が身につくことができるというメリットがあります。

このような職場は中規模から大規模の総合病院に多い傾向があります。またはこのような病院に付属している施設などでも借り一緒にカリキュラムを受けることが可能なところもあるので、是非相談してみてください。

残業が少なく子育てしやすい職場

どうしても子ども子育て中のママにとっては、残業や夜勤は控えたいですよね。保育園のお迎えもにも影響してくるため、定時で上がれる業務が決まっている仕事がオススメです。

さらに子供がいると体調不良や行事なのでお休みをたくさんもらうことになってしまいます。

そうした時にも職場でも周囲から嫌味を言われたり、パワハラマタハラのようなケースに繋がってしまうことも。

そうならないためにも、事前に子育て中のママが多くいる職場をリサーチしたり、職場を決める前に内部事情をしっかり把握し、働いている人間関係やちゅあなたの直前にトラブルで辞めた人がいないかなどをしっかり確認しておくと安心して復職することができるのです。

このようなママさん向けの職場は日勤のみの施設看護師や幼稚園、保育園などの子供向けナースなどがオススメです。

ブランク可の職場

ブランクナースにはさまざまな背景があると思いますが、このようなブランクナースにとってありがたい「ブランク可」という条件を設定してくれている求人サイトがあります。

それは「看護のお仕事」というサイトで、初めて利用する方にも担当者が親切丁寧にサポートをしてくれるので安心して利用することが出来ます。さらには職場の雰囲気や子育て世代の方の割合など、普通では知ることが出来ない秘密の内部事情を教えてもらえることもあるので、ブランクから復帰する方の職場選びに利用すべきサービスといえます。

実際にブランクがある看護師が求人を探す際には、ナースセンターの求人だけでは不十分で多くのブランクナースが看護のお仕事のような求人サイトを併用して利用しています。

あなたもまだ登録が済んでいない場合には、今すぐこちらから無料の登録をしてサポートを受けながらブランク可の求人を探していきましょう。

まとめ

ブランクがある看護師はとにかく復帰への怖さを実感している方が非常に追いです。

しかし最初はみんなそこからスタートし、少しずつ不安材料を克服していき、復帰への自信につなげているのです。あなたもコツを知ってやる気さえあれば、すぐに復帰が可能になります。

まずはナースセンターの研修などを活用しながら、自分にあう職場探しをはじめて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です