訪問看護はブランクありの潜在看護師でもできる?向いてる人とやりがいとは?

ブランクがあって看護師で働けるかな?

もう一回看護師で復帰したいけど、病院はもう嫌!

訪問看護ってブランクがあっても平気って聞いたけど実際のところはどうなの?

このように感じている方に、今回は訪問看護とはどのようなものかと、ブランクがある潜在看護師が訪問看護師を目指すことのメリット、デメリットなどをお伝えしたいと思います。

訪問看護とは?仕事内容と看護の特徴

訪問看護とは、在宅看護のなかでも重要視されている分野で、病院での治療が終わり、地域に戻った時に継続した医療やケアが受けられるよう在宅で活躍する看護師のことです。

基本的には訪問看護ステーションという事業所に所属することになり(病院の中に訪問看護ステーションが入っていることもあります)、そこから各患者さんの家庭に訪問し、自宅などで医療処置やケアを提供しています。

訪問看護が注目され始めたのは、ここ10年ほどのこと。急速にこの在宅医療が注目され始め、訪問看護はその中でも重要な役割を担っています。

今、看護師を目指すカリキュラムの中には、在宅看護論の中に訪問看護での実習が必須とされているんですよ。ちなみに私も訪問看護の実習がちょうど始まったくらいに看護学生を経験していました。

当時はまだ訪問看護という言葉が定着しておらず、なかなか馴染みがなかったのですが、ここ最近では病院から地域で帰る時には、状態が急変しやすい方や医療依存度が高い方は必ずと言っていいほど訪問看護師を利用して帰るようになっているんです。

ちなみに私は現在病院で退院調整看護師として現役で働いています。

介護や患者さん向けのブログも運営していますので、退院支援や在宅医療に興味がある方はぜひのぞいてみて下さい。

入院ハック

話は逸れましたが、このように病院を退院しても同じように安心してケアや医療が受けられるように支援していくのが訪問看護師の重要な役割なのです。

訪問看護の対象は?

訪問看護の対象は、地域にいる利用者さんです。病院ではないので、患者とは言いません。

人工呼吸器をつけた小児から終末期の高齢者まで、年齢も幅広くさまざまな疾患に対応しなければいけないため、幅広い知識とスキルが求められます。

病院では消化器とか外科とかで、専門分野が別れていますが、訪問看護はジャンルは関係なしに、その地域の看護を必要としている方すべてが対象となります。

私はアルコール依存症で自宅での生活が自立できないことを理由に訪問看護を依頼したこともあるほど・・・そのくらい幅広い状態の方に対応しているのが訪問看護なのです。

 

訪問看護の業務内容

訪問看護は医師の指示のもとに利用者さんに医療を提供したり、また清潔ケアを提供したり、状態観察などを行います。

医療処置と一言にいっても、病院で実施されている医療処置は在宅でもほとんど可能になっているのです。

  • 人工呼吸器
  • お看取り
  • ドレーン管理
  • 疼痛コントロール(麻薬の使用も含む)
  • 経管栄養
  • 点滴
  • 褥瘡処置
  • 在宅酸素

などなど・・・

さらに必要に応じてご家族の方の相談に乗ったり退院後の生活に必要な指導も行ったりします。

主治医との連携・指示に従う

訪問看護をよく知らない方は、「訪問看護師が状態を見て自分で判断したり、医療処置を実施するんでしょ?」と思っている方も少なくありません。

しかし訪問看護も、病棟看護師も役割は一緒。

医師の指示のもとに医療処理を提供することが役割なのです。

退院したのに医師の指示ってどういうこと?って思ったアナタ。訪問看護を利用する前提には、在宅で指示を出してくれる「在宅医(主治医)」を選ぶ必要があり、その主治医が記載する「訪問看護指示書」ともとに看護を提供しているのです。

実際に現場に医師はいないけど、指示をしている医師がいて、状態の変化や報告相談があればその医師へ直接連絡を取ることになるのです。

つまり訪問看護の利用者が10人いれば、10人それぞれ別の病院や主治医がいるということになります。それだけ多くの顔の見えないつながりの中で仕事をしていくということを理解しましょう。

24時間対応・オンコール体制

病院でも看護師は交代をしながら24時間体制で患者さんの状態を観察していますよね?

訪問看護も同じで、自宅にいても状態が変化したり、患者さんから呼び出しがある場合にはナースコールと同じように対応をして、必要があれば自宅まで駆けつけなければいけません。

もちろん夜間でも、当番制で電話などを携帯し、利用者さんから電話や相談があれば対応します。

この「24時間体制」というシステムは利用者さんにとってかなりの安心できるメリットになっており、「いつでも対応してもらえる安心感」が何より利用者さんの支えになっているのです。

中には24時間対応をしていない訪問看護ステーションもあります。気になった場合は求人情報などの詳細をみて確認するようにしましょう。

訪問看護師に必要なスキルは?

訪問看護師に必要なスキルは上記で挙げたあらゆる医療処置に対応できる技術と知識です。。

しかし高度な技術や知識は徐々に身に付けられるとしても、基本的な点滴、吸引、経管栄養など基本的な看護技術は就職前から身に付けて置かないと大変です。

しかし、必要なのは知識と技術だけではありません。在宅では地域のおける在宅サービスの担当者ケアマネージャーやヘルパー、デイサービス職員など様々な他職種とコミュニケーションとりながら、その方がより自宅で安心して生活できるための質の高い看護を提供していくことが重要です。

つまり他職種とコミュニケーションを取る力であったり、本人・家族からニードを聞き出し、それを必要な職種のスタッフと情報共有し調整協議を行う力も求められます。

さらには状態を観察している中で、いつもと違う変化を感じ取り、それを主治医へ報告したりと看護師ならではの観察力や判断力も重要です。

訪問看護はブランクナースにおすすめな理由

このような訪問看護師の特徴を聞いて、「ブランクがある自分には到底無理だわ~」と思ったあなた、実は訪問看護はブランクがある看護師に今とても人気なんです。

国が潜在看護師の復帰先として訪問看護を推進している

潜在看護師であれば、ナースセンターのような仕事復帰に必要な機関を利用することになると思いますが、このようなナースセンターや看護協会では、潜在看護師の仕事復帰を推進しておりさまざま潜在看護師の仕事復帰のための研修などを計画しています。

その中でも復帰先として訪問看護を最も進めており、潜在看護師向けの研修の中には必ずと言って訪問看護の基本的知識や必要な技術を習得するための研修があるほどなんです。

潜在看護師にとって、現在訪問看護をするための知識技術を国が積極的に準備をしてくれており、希望すれば無料でそのような講習を受けて訪問看護師として働くためのスキルを学ぶことができるのが最大のメリットです。

もしあなたが訪問看護に少しでも興味があるのであれば、是非このような無料で受けられる研修や技術講習などを利用して積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

訪問看護で働くメリット

私は訪問看護の経験はありませんが、研修の一環で訪問看護ステーションで仕事を経験させていただいたことがあります。

退院調整看護師というのは、病院を退院してから医療行為やケアが必要な方が安心して暮らせるように、地域と病院をつなぐという役割があります。ですので、毎日のように訪問看護師だと連絡を取り合い、患者さんに必要な看護を一緒に考えたり、カンファレンスを行ったりしています。

ちなみに1週間程度、訪問看護を経験させてもらい、訪問看護の素晴らしさややりがいというものを体験してきました。

訪問看護は病院とは違う考え方で利用者の生活を第一にケアを考えている

病院ってどうしても治療や経過で患者さんを見てしまいがち。

検査結果が良くなったからそろそろ退院かな?と言っても、歩けていた患者さんがほとんどベッド上ですごしていることに誰も気づかなかったり・・・

しかし在宅医療は何よりもその人の生活を一番に考えていきます。

どうしたら転ばないように歩けるか?この浴室で安全に入浴するためにはどのようなサポートが必要か?

確かに医療行為は必要ではありますが、それを中心の業務ではいけないのです。あくまでも医療行為は生活の一部であり、利用者が安心して暮らすための方法を常に模索している感じ。

病院とは違って、物品や環境などは整ってはいないのですが、何よりも患者さんを中心とし、直接的に看護を提供できるやりがいがあります。

病院では治療や検査結果を優先するあまり、なかなか患者さんの意思が尊重されなかったり、治療優先で患者さんが苦痛を強いられたりということが現状があります。

そこで「家に帰りたい」「元の家で生活したい」という患者さんの希望を尊重し、その人らしく生きていくためには、この訪問看護師が必須にな時代になってきているのです。

これからは訪問看護は今後需要の大きな、利用者に寄り添っていく看護師なのです。

もしあなたが病院以前病院に勤務し、思い通りの看護ができなくて悩んでいたのであれば、絶対に訪問看護師はオススメの職業と言えそうです。

訪問看護に向いていない人

訪問看護の特徴は上で述べましたが、訪問看護師に向いていない人もいます。

  • 医療処置が苦手、嫌いな人
  • ナース服を着て病院でバリバリ活躍したい人

訪問看護師は1人または2人などの少人数で自宅に訪問し、そこで必要な医療処置やケアを提供することになります。

ですので、最低限の基本的な看護技術やケアの技術は必要であり、そこが苦手、あるいはやりたくないと思っている方には向かないと言えます。

また訪問看護は患者さんの生活の場で活躍する職業であり、病院とは違ってナース服を着ることはありません。そのため医療設備が整った職場で、白衣を着てバリバリ働きたいと思っている方には行かないと言えるでしょう。

訪問看護師の年齢層とブランク有の割合

訪問看護師の年齢層は30代から以上の方が多く働いています。子育てを経験したママナースさんや病院などの急性総合病院などの経験を経て、ブランクを経験した潜在看護師が今度は在宅で頑張ろうと思い、訪問看護を選ぶことが多いようです。

実際に私が実習に行かせていただいた訪問看護ステーションの30代以上の優しいママさんナースの方が多く、子育てについてもお話が盛り上がったり、中には子供の体調不良で急遽お休みと言った人もいて、お互いが同じような境遇なので助け合っている状況を見ることができました。

このように訪問看護では子育て中のママさんナースはとても多く活躍しています。

中には子育てを機に一旦退職をしてブランクを経て訪問看護師になった方も沢山いるので、同じような仲間と一緒に悩みなどを相談することもできます。さらに病院よりはアットホームな職場なので、自分がその中の雰囲気に合えばずっと続けられるような仕事と言えそうです。

同じように子育てをしながらまた看護師をしたいと思うような方は訪問看護ステーションでの仕事は働きやすくておススメといえます。

訪問看護師のお給料は?ブランクがあると安くなる?

訪問看護のお給料はかなり高給と言われています。

基本的には日勤のみですが、オンコール対応と言って利用者さんから状態の変化や緊急の相談などの電話がかかってくることもあり、その対応のピッチを持つことも当番制になります。

そのような対応をする場合には、オンコール手当がもらえるので、中には30万円以上の収入がある方も・・・

しかし、まだ子供が小さくてオンコールなどの対応はできないという場合でも大丈夫。中には非常勤で週に2.3回という訪問看護ステーションで働いている方もいるので、訪問看護でも自分に合った新しい方を選ぶことができますよ。

残業はある?

残業は職場によりけりと言えますが、訪問自体は時間が定時より前に終わるように計画されているため、緊急時以外で時間外で訪問をすることは基本的にはありません。

中には訪問に行ったけれども、そこで予想以上に時間がかかってしまった場合や急変の対応で訪問時間が長くなってしまったような場合には、残業もありますが、毎日のように残業があるという職場ではありませんので安心してください。

ブランクを克服するためには知識や技術の習得が必須

訪問看護師を目指そうと思ったら、潜在看護師のためのサポートがたくさんありますが、最低限の看護技術や知識は必須とされています。

さらに様々な疾患の方に対応しなければいけないため、専門分野というジャンルはなく幅広い知識が求められるのも特徴です。

そのためにはナースセンターなど、看護協会が開催している訪問看護師向けの研修や講習などに積極的に参加し、知識技術を習得できるようにしていきましょう。

ナースセンターのような公式の研修は無料で参加することもできるので、気になる方は2019年度の研修予定を参考にしてみてくださいね。

まとめ

ブランクがある潜在看護師が訪問看護師を目指すには、知識や技術の習得が重要です。

しかしそれだけでは不十分であり、自分に合った職場を見極める力というのも必要になってきます。

いくら研修で知識や技術のレベルが上がったとしても、復帰した職場でパワハラや雰囲気が良くない人間関係があったら、また看護師を辞めたいと思ってしまいますよね。

そうならないためにも、知識技術の習得と並行して、職場選びを慎重にじっくりとすすめていくことが大切です。

次回は潜在看護師が知ってお置くべき復帰場所の選び方を紹介していきたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です