【ママナースの復帰】子供が何歳になったら?仕事復帰を考える時期と悩みの克服法

子育てのために現役を離れてブランクの期間が長くなってしまった看護師さんの中には、子供育児も落ち着いてきて、「そろそろ仕事に戻ろうかなぁ・・・?」と考えている方もいると思います。

しかし他のブランクがある看護師さんが子供が何歳ぐらいになったら仕事へ復帰しているのか気になりませんか?

今回は実際に子育てをしているママさんたちに「子供が何歳になったら仕事へ復帰したいのか」「実際にブランクから復帰した子供の年齢」について調べてみました・

今回はそんなブランクを克服したママナースの意見。を紹介していきたいと思います

子供が小学生に上がったら

小学生ぐらいの年齢になるとある程度自分のことは自分でできるようになり、親の手から離れていくことを実感できる年頃になりますよね。

自分の足で小学校へ登校するようになり、送迎の手間もなくなってくるのがこの頃。育児の負担が少なくなったと感じるこの時期に合わせてまた仕事を始めてみようかなというママは多いのです。

しかしこの記事にもある通り、小学校入学に仕事復帰を合わせてしまうとかなりデメリットがあるということは理解しておきましょう。

また手が離れたと思っても、小学1年生には「1年生の壁」と言われるワーママの大きな障害が待っています。

見た目は手がかからず自立をしているように見えても、まだまだ保育園や幼稚園での生活や甘えが残っているのが1年生。ママに余計に甘えるようになったり、精神的にも不安定になりやすい年ごろといえます。この時期で親があまりに手を離し過ぎてしまうと、子供のストレスや精神的な不安が大きくなってしまうので、慎重にかかわっていく必要があります。

この記事を参考に、小学1年生への接し方を考えていきましょう。

幼稚園への入学(3・4歳ごろ)

赤ちゃんからずっとママと離れずに一緒に行動してきた子供でも、3歳ぐらいになると幼稚園という家とはまた別の生活場所ができるようになります。

もともと仕事をしていて、保育園を利用しているママは心配ありませんが、今まで専業主婦として家でずっと子供のお世話をしてきたママにとっては幼稚園に入れるというのは大きなイベントです。

ママも子供も初めての幼稚園という生活場所に戸惑うこともあると思いますが、徐々に慣れてくるとママの負担子育てに対する負担は減り、少しずつ自分の時間を持つ余裕も生まれてくるのがこの頃。

そうすると余った時間を少しでも活用してパート勤務で短時間から仕事復帰をし、お金を稼ごうと思う方も少なくありません。

このように3歳以降に仕事を始めてなるべく早くから経済的な安定を求めたいというママが比較的多いようです。

基本的なブランクの年数は3年から7年

この情報を元に考えると、ママが育児ブランクから仕事へ復帰する間の年数は3年~7年っていう期間の方が最も多いと言えます。

子供がある程度自立してママ自身の時間にも余裕が持てるようになるこの時期に、「また仕事を始めてみようかな」「子供のためのお金も稼ぎたい」と思うことで復職を考えるようになる方が多いのです。

ママナースの潜在看護師に多い悩みと克服法

看護師の資格は持っているけれど、ブランクの間何も看護に携わってこなかったような潜在看護師の場合、そのブランクが復職への障害とになってきます。

  • また看護師として働いてみたいけれど、今の現場についていけない気がする
  • また若い子と一緒に現場で働ける気がしない
  • おばちゃんなんかが復職してもバカにされるだけだろうな

こんな風に考えて、看護師として仕事を復帰をすることを断念してしまう潜在看護師の人も少なくありません。

技術と知識の衰え

長い間看護の現場から離れていると、医学の知識にもついていけなかったり、採血や注射、吸引などといった基本的な看護技術が出来なくなってしまいます。

そうなるとまたバリバリの現場に戻るのにはハードルが高すぎて、復帰したくても出来ないという悩みにつながります。

しかしそんな潜在看護師の方向けに、看護協会などはブランクを持った潜在看護師向けに無料で受けることが出来る講習や研修などを開催しています。

そのような勉強の機会を上手く利用しながら知識や技術をスキルアップさせていくと、少しずつ自分にも自信gがついて復帰への決断がしやすくなります。

あなたの地域の看護協会やナースセンターがどのような研修を開催しているのか知りたい場合にはこちらの看護協(ナースセンター)の研修一覧を参考にしてみて下さい。

どの職場が合っているのかわからない

病院の現場はバリバリでついていけそうにないし、かといって施設やクリニックではすぐに使える人材が欲しいだろうから、自分みたいなブランクがある人間は使いものにならないかも・・・

このように自分がどんな現場に必要とされて、合う職場はどんなところなのかがわからないという潜在看護師は非常に多いです。

ブランクがある分、バリバリの現場は遠慮したいけど、一から看護を学び直せるのって病院くらいしかないのでは?と不安になって今いますよね?

しかし現在は小さなクリニックや介護施設などでも、ブランク歓迎の求人があり実際に長いブランクを経て復職を実現させている方はたくさんいます。

しかしやみくもに求人を見漁るだけでは、なかなか潜在看護師に合った職場を探すことは難しいのが現状です。その理由は

  • 内部事情
  • 職場スタッフの経歴(ブランク看護師が多いのか?)
  • 教育制度

などの詳しいことまで把握できないためです。

このような詳細な情報を知るためには、適切な求人情報サイトを利用して担当者から上手く職場の内部事情を聞き出すのがブランク看護師の復職におけるコツといえます。

ちなみに私は「ブランク看護師」歓迎の条件で求人を検索できる「看護のお仕事」というサイトをお勧めしています。あなたも自分の地域にブランク有でも働けそうな職場を探したい場合にはぜひこのようなサイトを利用してみましょう。

看護師の資格は使わないともったいない

せっかく看護のための学校に通って人生をかけて取得した看護師という資格。

国家資格というレベルの高い資格で、その資格を生かせば他の一般の仕事よりもはるかに高いお給料を手にすることができます。

私は看護師として働く前は社会人として一般企業の会社員やフリーター工場勤務など様々な仕事を経験してきました。確かに一般の職業は責任感もそれほどなく、働きやすいというメリットありましたが、何よりもお給料が低いことで常に悩み続けてきました。

15万円もいかない月給で悩み、「こんな人生ではいけない」と一念発起し、看護師の資格を取ったのは10年前。

今では自分1人のお給料で子供3人を最低レベルの生活でも養っていけるぐらいのお給料は手にすることができています。

こんなことができるのって、看護師ぐらいしかないと思いませんか?

一般企業で月に15万円ぐらいしかもらえないような生活をしていれば、子供を育てることなんてできなかったと思います。

あなたが持っている看護師という資格は、他にはない素晴らしいメリットがあるんです。ですので、ブランクがあってもそれを乗り越えて、看護師資格を活かして働いた方が人生絶対に明るくなります。

ブランクから抜け出している看護師はたくさんいる

確かにブランクを克服することは難しいし、実際に「やっぱり戻れない」断念してもっと楽な仕事を見つけて選んでいるママナースはいます。

でも反対にブランク克服を決意して努力をした結果、働きやすい職場を見つけて育児と仕事を両立できている、ママナースの方もたくさんいるんです。

この失敗と成功の秘訣については、

  • ブランク克服の方法
  • 新しい職場の選び方

この二つがとても重要なのです。

私はこのサイトを通じて潜在看護師が子育てやブランクから復帰して、また現場で働けるような支援をできるサイトを作っていきたいと思っています。

是非あなたも一緒に、また現場で看護師として働いてみませんか?

お金、経済的に余裕があると自分の心にも余裕が生まれます。そして子供にも余裕を持って向き合うことができるので、結果的に自分だけではなく家族全体が穏やかに過ごすことができるんですよ。

やる気になった方だけが人生を変えられる

ここまで読んでくれたあなたは、きっとブランクを抜け出してまた新しい「看護師としての生き方」を見つけたいと思っている方だと思います。

そんなあなたに必要なのは後は「行動する勇気」だけ。

「まだいいや」と思っているならずっと人生は変わりません。行動を起こした人だけが明るく、経済的にも余裕がある人人生を送ることが出来るんです。

ブランク看護師の復職に必要なノウハウはこのサイトでもお伝えしていきます。

ぜひ、気になった方はこのサイトを通じて勉強してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です