ナースセンターの「とどけるん」とは?登録方法やメリット、登録の義務などを解説

看護師なら一度は看護協会ナースセンターというものがあるのを聞いたことがありますよね?そしてあなたが住んでいる地域にもこのような施設や機関があるということも知っている方も多いと思います。

私自身、看護協会にはさまざまな研修で足を運びましたが、実際にナースセンターを利用したことがあるというナースは少ないのではないでしょうか?そして具体的に何をしているのかよくわからないと感じている方もいると思います。

このナースセンターでは、潜在看護師に向けての様々なサポート(相談や職業紹介、研修の開催など)をしており、潜在看護師にメリットがあるものばかりです。

ナースセンターとは?利用するメリットと利用した方がいい看護師とは?

まずはナースセンターの概要と目的から。

ナースセンターの概要と目的

ナースセンターとは

1992年に制定された「看護師等の人材確保の促進に関する法律(以下、人確法)」に基づき設置。中央ナースセンターは日本看護協会が厚生労働省から、都道府県ナースセンターは都道府県の看護協会が都道府県から指定を受けて運営しています。
47都道府県に必ず1つの都道府県ナースセンターがあり、看護職確保対策に向けた取り組みを行っています。

引用:日本看護協会 地域に必要な看護職確保の推進に向けたナースセンター機能の強化・拡大

つまりナースセンターは各都道府県に必ずある、看護師確保のための機関ということになります。

ナースセンターの活動

  • 看護職の無料職業紹介事業(ナースバンク事業)
  • 再就業支援等の研修の実施
  • 「看護の心」普及事業
  • 潜在看護職の把握等の調査

難しい単語ばかりが並ぶのは嫌いです・・・

簡単に言うと、潜在看護師のために仕事を紹介したり、復職に向けての研修をしたり、またどのくらい潜在看護師がいるのかを把握しているという内容になります。

つまりナースセンターとは潜在看護師が看護師として復帰するための機関といえるのです。

国が挙げてここまで潜在看護師を応援しているとは私自身知りませんでした。

ナースセンターを利用した方がいい看護師とは?

ナースセンターは看護師の人材を確保するための機関で、そのために看護師が働きやすくするための活動を行っています。

つまりこのような看護師はナースセンターを利用した方がメリットがあるといえます。

  • 看護師の資格を持っているけれど、現在働いていない
  • 看護師を辞めようか考えている(転職を含む)
  • ずっと看護師を離れていたけれど、また看護師として働いてみたい

このような方はぜひナースセンターを利用し、自分にあったサービスを受ける方がメリットがあるといえます。特に潜在看護師で、復職に興味や意欲がある方は全面的にバックアップしてもらえるのでおススメといえます。

どうしたら就職支援や研修を受けられる?

潜在看護師なら必ず利用した方がいいこのナースセンターですが、利用するためにはどうしたらいいのかわからないという方も多いと思います。

実はこれらのサービスを利用するためには「とどけるん」という看護師の届出制度を利用しなければいけません。

看護師の届け出制度「とどけるん」って何?

ではこの「とどけるん」の仕組みや利用方法についてお伝えしたいと思います。

届けるんとは

2015年10月より、看護師等の届出制度というものが始まり、保健師・助産師・看護師・准看護師の免許を持っていて、現在お仕事をしていない方は都道府県のナースセンターへ届け出ることが努力義務になっています。

現代の看護師不足が問題視され、2014年6月の医療介護総合確保推進法の成立に伴い、看護師等の人材確保の促進に関する法律が2015年10月に施行されました。

この法律の施行後に看護師は仕事を辞めた際に住所氏名、免許番号などの情報をナースセンターのデータバンクに届け登録しなければいけないという努力義務が生じるようになったのです。

絶対に届け出ないといけないの?

これを聞いて面倒くさい、本当にしなければいけないの?と思う方もいるかもしれませんが、看護師等が離職した際にこの届け出た情報を元に都道府県やナースセンターが把握し、離職率などの状況に合わせた支援を行うことで、看護師の人材確保や働く看護師自身の働きやすい職場や環境づくりを目指すことを目的としているのです。

「努力義務」とされてはいますが、実際には登録状況はなかなか進展せず、潜在看護師でも登録をしていないという方はまだまだ多いのが現状です。私の知人にも、このとどけるんの制度自体を知らないナースはたくさんいます。

誰が届けるんに届け出なければいけないのか

以下の資格を持っている方はとどけるんに届け出る必要があります。

とどけるんに届け出が必要な方
  • 保健師助産師、看護師、准看護師の資格を持っていて、病院などを離職した場合
  • 免許を取得したけれど、すぐに仕事をしなかった場合

つまり看護師資格を持っているけれど、今現在働いていないという方は今後の働く意思に関係なくすべて届け出る必要があるのです。

これを聞いて「えっ?」って思った方、どうして全員が登録をしなければいけないのかと思いますよね?実際に私も働いていないと仮定した場合、きっと登録はしないと思います・・・だって何がメリットがあるのかよくわからないですもんね・・・

届け出る内容は?

ナースセンターに必ず届け出る項目は

  • 氏名
  • 生年月日及び住所電話番号・メールアドレス、その他の連絡先に関わる情報
  • 保健師籍助産師籍、看護師籍、また准看護師籍の登録番号及び登録年月日
  • 就業に関する状況

他は事業所により

  • 職歴離職、年月
  • 復職の意向
  • ナースセンターが行う無料職業紹介への登録希望

なども聞かれるそうです。

届け出る必要がある人とは?

看護協会などはこの「とどけるん」への届け出を努力義務としていますが、これは個人の判断にゆだねられるものであり、強制力があるわけではありません。

ですのであなたが「そんなの教えたくもないし、今後看護師としては働かないから登録はしない!」という意志があるのであれば、この登録はしなくてもいいといえます。

しかし先ほども書いたようにこのナースセンターは、少しでも潜在看護師が復職に興味や意欲がある際には手厚くサポートをしてくれるため、このようなサービスを利用したいと思った方は「とどけるん」に届け出をだして、サービスを利用できるようにした方がメリットがあるといえるでしょう。

公的な機関でもあるので、個人情報やプライバシーポといった点でも安心できると思います。

登録の方法

では実際に登録をする方法について解説します。

個人で届け出る場合

個人であなたが届け出をする場合には以下の2通りの方法があります。

  1. 看護師等の届出サイト届けるんから登録パソコンやスマホなどから可能
  2. 最寄りのナースセンター窓口へ届出票を提出する

この中でも1が手軽で簡単にできるのでおすすめです。

とどけるんへの登録は「とどけるん」公式サイトから可能です。

またナースセンターが近くになるのであれば、2のように直接出向いて登録することも可能です。

自宅近くのナースセンターを知りたい場合にはこちらのナースセンター一覧を確認してみてください。

離職時などに就業先が本人に代行して届け出る場合もある

先ほどの看護師確保のための法律には、病院などの解説者や看護師、学校の養成所の設置者は届出が適切に行われるよう必要な支援に努めることが明記されています。具体的な支援の一つとして就業先が最寄りのナースセンターへ届け出対象者をまとめて届け出る代行届というものがあります。

つまり、離職した本人が届け出る意思がなくても、元々勤務していた病院や施設側が代行してナースセンターに登録するということも出来てしまうのです。

もしかしたらあなた自身が登録する意思がなくても、以前の職場が代行してとどけるんにあなたの情報を届けているかもしれません。

とどけるんで何が出来る

ではとどけるんに登録をする(または間接的に代行登録をされた場合)と、どんなことが出来てどんなメリットがあるのでしょうか?

近くのナースセンターの最新情報を受け取ることができる

ナースセンターでは、潜在看護師向けの研修や実技指導、又は様々な復職においての相談などの事業を計画的に実施しています。

このような専業看護師向けのサービスを、情報を知ることができます。

復職のための技術練習や研修会への参加

各ナースセンターでさまざまな内容の研修会や実習を計画しています。

自分の知識やスキルを向上し、自信を持って復職するためにこのような研修を利用することも可能です。

職業紹介

復職の希望がある場合には、希望に合った求人を紹介してもらうこともできます。

潜在看護師のコミュニティに参加

同じような境遇の潜在看護師と一緒に思いや悩みを共有することが出来ます。

「子育てと仕事の両立の不安」や「ブランクがあることでの復職への不安」など多くの潜在看護師が抱える悩みを一緒に共有することで、前向きに復職に取り組むことが出来ます。

まとめ

現在、看護師などの資格を持っているけど、働いていない潜在看護師の方はこの「とどけるん」に登録した方が良しとされています。

このように言われると、「どうして登録しなければいけないの?」と疑問に思う方も多いと思いますが、日本看護協会は、潜在看護師への支援をもっと充実させて復職できるようにサポートしていきたいと考えています。

しかし、あまり内容や活動が詳細にイメージしにくく、登録するのに躊躇してしまう方もいますよね。プライバシーはしっかり保たれているとは思うのですが、このとどけるんを知らずにメリットを活用できていない看護師が多いというのが今の現状です。

ブランクを乗り越えての仕事復帰は本当に不安だらけで、何から始めていいのかわからないという方も多いと思いますが、このナースセンターの活動はそんな潜在看護師にとって安心できるサポートになります。

あなたも復職への興味はあるけど、何からすればいいのかわからないという場合には、まずは自分の地域のナースセンタを調べたり、とどけるんへの登録から始めてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です