潜在看護師のブランクは何年まで復職できる?職場とブランク年数まとめ

長い間、看護の現場から離れていたブランク看護師にとってまた仕事へ復帰するのはとても大きな不安がつきまとうものですよね。

10年以上も潜在看護師として時間が経ってしまった方は

「自分は一生看護師として生きることはできない」

「看護の資格がないも同然」

こんなことを考えてしまっていませんか?

長いブランクを抱えてしまった方は自分の知識や技術の不安から復帰をあきらめてしまうことも多く、なかなか復帰を決断することが出来ないのが現状です。

でも実際には10年20年といったブランクを経て、看護師としてまた仕事復帰を叶えた潜在看護師さんは意外といるんです。

私の職場にも子育てで10年以上のブランクを経て、また看護師として働き始めた方がいて毎日楽しんで働いていますよ。

しかし、そうは言っても自分が長年現場から離れてしまった状態でまた働ける職場があるのかどうかは気になるところですよね。

今回はブランクがある潜在看護師の方に向けて

  • ブランク期間が何年までであれば仕事に復帰することができるのか
  • 長年のブランクがあっても働きやすい看護の現場はどこか
  • ブランク何年ぐらいまでであれば復帰しやすいのか

について考えてみたいと思います。

看護師の資格にブランクの制限はない

ブランクが長ければ長いほど、仕事に復帰することは難しいという現状はありますが、

「〇年以上のブランクがあると看護師としては働けない」

といった制限は全くありません。

看護師はれっきとした国家資格であり、取得すれば剥奪されない限り、その資格は一生あなたの味方をしてくれるものです。

せっかく人生をかけて看護学校に通い、汗水垂らして実習を頑張って掴み取ったこの「看護師」という資格を無駄にしたくはないと密かに思っていませんか?

また看護師という活かして働いてみたいと思っているあなたの勇気は決してダメなものではありません。

ブランクがあってもその期間は関係がなく、やる気復職のコツさえあればブランク克服は実現できるのです。

極端な話定年間近の長年専業主婦だった看護師の資格を持っている方でも、希望すれば看護師として働くことも可能なんです。

具体的な職業とブランクの目安

とは言っても何十年とブランクがあった方が、バリバリの急性期で救命病棟救命センターのような職場に復帰できるかと言われれば、その確率はほとんどほぼないと言えるでしょう。

あなたが本気で周囲に何を言われようと「救命がやりたい!」といえばその熱意が病院に伝わって、雇用してもらえる可能性もあります。

しかし雇用されたからと言って「働きやすいか?」という視点では、なかなか難しいといえますよね?

このように働く職場とブランクの目安というものはある程度関連してきます。

確かにやる気次第でこのブランクを乗り越えることはできますが、一般的な目安とて

「ブランク期間が〇年までであれば△△(職場)に復帰しやすい」

と言った目安をご紹介します。

急性期の病棟 ブランク3年まで

急性期病棟の特徴
  • ブランク克服のしやすさ  :★
  • 働きやすさ        :★
  • ブランク看護師からの人気 :★

急性期の病棟は患者の急変緊急入院など、とにかく予定外の業務でバタバタ。あっという間に時間が過ぎてしまう職場です。

そのため、予定外のタスクや急変にも対応できるような対応力と豊富な知識技術が求められます。

ブランクとしては長くても3年ぐらいまでの方向け。これ以上になってしまうと、急性期看護に必要な知識や技術が低下してしまうため、復帰するにあたりかなりの自己学習や研修などの努力を必要とされます。

また、このような急性期の病棟は一般的に年齢層は20代の看護師が多いという傾向があります

ブランクで3年以上経ってしまうと、職場に復帰しても1人だけ年齢的に浮いた存在になってしまことも。

このような現状もあり、ブランクがある看護師にとって急性期の病棟はなかなかおすすめしにくい職場といえます。

  • 以前急性期病棟で働いていたことがある
  • 急性期看護を学びたい

という看護師にはおすすめの職場といえます。

慢性期の病棟 ブランク10年まで

慢性期病棟の特徴
  • ブランク克服のしやすさ  :★★★
  • 働きやすさ        :★★★
  • ブランク看護師からの人気 :★★★★

急性期の病棟とは違い、慢性期病棟は難しい看護技術や緊急時対応なども比較的少なく、落ち着いて働くことが出来ます。

また病院という大きな組織のため、福利厚生やブランク克服のカリキュラムや指導内容が充実していることもブランク看護師にとって大きなメリットとなります。

そのため10年程度のブランクまでの方であれば、しっかり知識を身につけて病棟勤務がこなせるような採血・注射・点滴・吸引・経管栄養などのレベルがあれば十分に働くことは可能と言えるでしょう。

しかしデメリットとしては、病院のため

  • いつかは夜勤をするように求められる
  • 看護師が多い職場で人間関係に悩みやすい

といった特徴もあります。

施設看護師 ブランク20年まで

施設看護師の特徴
  • ブランク克服のしやすさ  :★★★★
  • 働きやすさ        :★★★★
  • ブランク看護師からの人気 :★★★★

施設看護師も慢性期の病棟と同じく難しい看護技術や知識はなくても働くことは可能です。

そして病院とは違い、治療をする場ではないので状態が落ち着いた方が対象となります。ですので基本的にはルーチン業務であり、身体的ケアが中心となるでしょう。

しかし施設看護師と言っても

  • 特養
  • 老健
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅

などさまざまな種類の施設とそれに応じた対象への看護が求められます。

そのため基本的な看護の知識技術の他にも、最低限の介護保険や介護の知識が必要になるでしょう。

施設によってはお看取りまで行うところもあるため、

「施設看護師は状態の重い利用者は対応しない」

というような間違った考えで働こうとしないようにしてくださいね。

看護師は介護スタッフよりも少ない人数なので、身体ケアは基本的に介護職員が行うため、看護師は医療行為をメインで行うことが多くなります。

しかし病院程難しい処置はないので、内服管理・注射・経管栄養・吸引などの基本的な看護技術が出来れば十分働くことは可能と言えるでしょう。

デイサービスはブランク看護師に人気?その理由と復職するための技術の習得法

訪問看護師 ブランク5年まで

訪問看護師の特徴
  • ブランク克服のしやすさ  :★★
  • 働きやすさ        :★★★★
  • ブランク看護師からの人気 :★★

訪問看護師は自宅で医療処置や看護を身体ケアなどの看護を提供し、生活をサポートしていくことが役割になります。

自宅で医療行為をすると聞くと、専門的な知識技術が必要と思われがちではありますが、訪問看護師も病院とシステムはなんらかわりません。

医師の指示を元に医療行為を実施し、一人で判断をするのではなく、看護師同士で協力して看護を提供します。何かあれば他のスタッフや他の在宅チームの他職種と連携しながら看護をしているのです。

しかし小児から老年老年まで、さまざまな方を対象としているため、幅広い知識は必須です。

中には人工呼吸器をつけたまま自宅在宅で生活している方もいるので、病棟に勤めた経験がある方が安心です。

訪問看護と聞くとかなりハードルが高いように感じますが、最近では日本の高齢化の現状や、潜在看護師の顕在化をすすめていることもあり、ナースセンターのような公的機関が積極的に潜在看護師が訪問看護の知識や技術を身に付けられるような研修や講習会を開催しています。

このような研修を利用すれば、自分のスキルアップにもつながり、かつ臨地実習などで実際に訪問看護の現場を経験することも出来て復帰への意欲向上や自分の看護師としての自信につなげることもできますよ。

自分の地域のナースセンターがどのような研修を開催しているのか知りたい場合には【潜在看護師】都道府県別ナースセンターと2019年復職研修・内容・日程まとめを参考にしてみて下さい。

訪問看護はブランクありの潜在看護師でもできる?向いてる人とやりがいとは?

クリニック看護師 ブランク20年まで

クリニック看護師の特徴
  • ブランク克服のしやすさ  :★★★
  • 働きやすさ        :★★
  • ブランク看護師からの人気 :★★★

クリニックの場合、その診療科や業務内容によって、経験年数やブランクの期間にも大きな差が出てきますので、一概には言えないのですが「長くて20年」という表現が正しいといえます。

例えば落ち着いた内科のクリニックで人材不足の場所であれば20年のブランクがある方でも働くことは可能と言えるでしょう。

反対に新規で開業するような綺麗で人間関係がまだ出来ていないような病院の場合には、あっという間に求人に応募が殺到するため、ブランクがある看護師はなかなか採用されにくいという傾向もあります。

自分の経験やブランクの期間などを考慮して、どのような診療科やクリニックが向いてるのかを考えながら、適切な職場を選んでいくことが、クリニックの場合には重要になってきます。

また働く環境としては、

  • 診療状況によって残業しなければならない
  • 少ないスタッフ間で、人間関係を築けないと復職に失敗しやすい
  • 個人経営なので福利厚生が病院程整っていない

というデメリットもあります。

しかしクリニックで働く看護師はほとんど、病院などを経験し一度退職をしているという経験を持っています。あなたのようにブランクを抱えながら働いていたり、子育て中のママさん看護師さんが多かったりという特徴もあるため、ブランクがあって同じ悩みを共有しやすく、職場や人間関係が合えばかなり働きやすい職場となるでしょう。

保育園や幼稚園の看護師、養護教諭 ブランク10年

慢性期病棟の特徴
  • ブランク克服のしやすさ  :★★
  • 働きやすさ        :★★★★
  • ブランク看護師からの人気 :★★

子供が好きで子育ての経験がある場合には、子供を対象とした看護をするのもおすすめです。

最近ではこのような保育・教育現場でも看護師が求められてるようになってきており、看護師は貴重な存在とされているのです。

このような職場では健康な子供を対象とするため、医療行為は一切不要で、基本的に子供の健康状態の観察がメインになります。

これを聞いて「自分にも出来るかも!」と思ったあなた。ハードルが低い分、かなり就職の倍率が高いというのが最大のデメリットになります。

もしあなたが小児科の経験があったり、保健師・養護教諭の資格などを持っていれば優遇される可能性が高いです。また地域によって応募が少ないような場合には、小児看護が未経験の看護師でも採用されるケースもあります。

かなり枠も少なくて採用される可能性は低いですが、行動しないままよりも、ダメもとでチャレンジしてみる方がきっと未来を変えるきっかけにもなりますよね。

気になった方は子供向け施設の求人が豊富な「マイナビ看護師」から検索してみて下さい。

不安が大きいのであればパートから始めるのもあり

正社員で復職しようと思うと、自分の知識や技術が不安に感じて自信がなくなってしまう方の場合には、まずはパートから始めて少しずつ自信をつけていくという方法もオススメです。

パートであれば週に2.3回という少ない日数から始めることができて、今までの生活をあまり大きく変えずに、徐々に看護の仕事に慣れていくことができます。

そして雇用する病院や施設側としても、正社員と比較しても重い責任や業務を任せるということもないため、正社員よりも気軽にチャレンジしやすいでしょう。

もし自分に合わないと思っても正社員よりもパートの方が辞めやすいですよね。

自分への自信が持てないけれど、看護師の復職にチャレンジしてみたい方はパートが探せるサイトを利用してみて下さい。

まとめ

潜在看護師が復職するために、ブランクの期間は重要ではないということが分かっていただけたでしょうか?

しかしブランクは関係ないとは言っても、やはり潜在看護師に不向きな職場があることは確かです。

自分の知識や技術をスキルアップさせていくことはもちろん重要ではありますが、それと一緒に自分に合ったベストな職場を見つけていくということも、潜在看護師が復帰するためには重要なことと言えます。

自分で職場を見つけていくのが難しいという方は、ナースセンターのような公的な機関を利用して求人を探したり、また看護のお仕事のようにサポート力がある転職サイトを活用して担当者にサポートしてもらいながら自分に合った職場を探していくようにしましょう。

看護師で「ブランクが怖い」のは当たり前!その不安を克服するために必要な3つのコツ

潜在看護師のブランクが10年や20年でも復職を成功させるための3つの条件とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です