ブランクがある看護師は不採用になりやすい?

ブランクが長くなればなるほど、かんこ採用されないと思ってしまいますよね

確かにブランクの長さどう採用のしやすさは関連しては来ますが、必ずしもブランクが長いからといって採用されないと決めつけてしまうのはもったいないことです

私の職場にもブランク10年を克服して見事病棟に復帰した子育て中のママ看護師さんがいます

他にもブランク長いブランクを乗り越えて、現在現場で自分らしく働けている看護師さんはたくさんいるんですよ

でも、自分には無理かもしれないと思ったあなた

潜在看護師がブランクを克服して復帰をするためには、知っておかなければいけない成功のためのコツがあるんです

今回はブランクがある潜在看護師が不採用になりやすい理由と、それをカバーして乗り越えるための対策法をお伝えしたいと思います

不採用になるきっかけは、で一番多いのは、面接のタイミング

潜在看護師が復帰をしようとした時に復職活動で様々なタイミングがありますが、どのタイミングで不採用にされてしまうことが多いと思いますか

答えはダントツで面接のタイミングです

それは雇用する側である病院や施設がブランクがあっても受けるに入れようと思って求人を出し、履歴書を見てまず会ってみようと思うわけです

そして、直接会ってその人の経歴や今までやってきたこと、人生観さらには今後どうしていきたいのかといったその人のにデータを全て知ることで採用か不採用かを決断するということになりますよね

つまり、看護師が不採用とされてしまうタイミングは面接を通じて職場側から求められる人材に適していないと判断された時に、あなたは不採用になってしまうということになります

潜在看護師が不採用になりやすい理由とは

では、なぜブランクがある潜在看護師は不採用になりやすいのでしょうか

知識や技術が不足している

当然のことですが、今まで働いていなかったブランクの分の知識や技術は臨床で働いていた頃とは比べ物にならないぐらい不足してしまっています

知識は、また勉強すればインプットすることができますが、技術に関しては実際に経験をしていしないとどんどんスキルが低下してしまい、使い物にならなくなってしまうんですよね

その様なこともあり、ブランクが長ければ長いほど、この人は看護師として技術を持っていないと判断されてしまうのも仕方がない事だと言えます

1度は退職した過去がある

ブランクが長ければ長いほど不採用になりやすいというのは否定はしませんが、必ずしもブランクだけで判断されてしているというわけではありません

あなたはブランクがあるから、自分は受からないかもしれない、とりあえず面接だけ行ってみようなんていう気持ちで面接を受けていませんか

このような場合には、間違いなく不採用になるでしょう

あなたが看護師を募集する立場で考えてみましょう

どうしてブランクかという条件を出しているのでしょうか

それはブランクがあってもやる気があって、またみんなと一緒職場その病院や施設で一緒に頑張っていける仲間になってもらえるなら経験は問わないという意味にとれますよね

それなのに、あなたが、あまり自信もなさそうに、あれもできません。あれ、採血や点滴ができないかもしれません。でも定時には帰りたいです。子供の都合で休むこともあるかもしれません。などとネガティブな話ばかりをしてしまうと雇用する側としてはこのような形はいいかなーと思ってしまいますよね

四は面接でどのように対応しどんなイメージを自分に持ってもらえるかといった対策を考えていくこともが潜在看護師のブランクを克服への重要なコツと言えます

面接に受かるために自分自身に自信を持とう

自分の不安や自信のなさは、面接で顕著に現れてしまいます

そうならない為に、まずはあなた自身が知識技術を磨いて、自分が、また看護師として復帰するにあたり、自信を持って臨むことができるような状況に整えることが重要です

仕事前にどのようなことをすればいいのか分からないという方も多いと思いますが、看護の基本になる参考書を1冊買って復習したり、またはナースセンターではこのあなたのようなブランク看護師向けの研修をたくさん実施しています

このような研修や勉強会に積極的に参加し、自分のレベルアップを図ることで、復職に向けて自分自身の自信に繋げることができるでしょう

また、ブランクがある看護師さんは看護師のネットワークから外れてしまっているので、孤独な戦いとなってしまいます

ですが、ナースセンターに登録すると同じブランクがあって復職を目指している仲間と出会うことが出来るので、そのような仲間と情報交換をしながら一緒に頑張っていけるというモチベーションへ繋がります

このような自分自身の環境を変えるということも有効な方法の一つです

不採用になるかどうかは、あなた次第

ブランクがあるという事実は、何をどうやっても変えられません

しかし、実際にブランクありでも人材を募集している病院や施設はたくさんあります

そのような施設が、ブランクありの看護師を不採用にしてしまう理由は、経歴だけではありません

あなたが復帰に対する意欲や、今の時点でどのような努力をしているか、または自分自身の向上力などを全て見極めて判断していることです

ですので、本気で復帰を目指そうと思ったら、あなた自身がその復帰先のレベルに会うまで自分をレベルアップさせていけるように取り組んでみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です